Gvレポ
SSとりわすれました(´・ω・`)



最初はL5の防衛スタート。
開始直前になって宣戦布告をいただく。
今週はサングにWIZが少なく阿修羅も少なかったため、同盟と合流するまえにスルスルと抜かれてしまう。必然的に戦力を分散され弾幕を張る前に突入されてしまい乙。

次はRSLTの守るV3に。無謀かと思えましたが、ワンランク上の防衛を攻めるという目標にはちょうど良かった。ER前で突入準備をすすめていると、遊撃がちらほら出てきてこちらの足並みを崩してきます。そして準備に時間をかけてるうちに、相手が逆流カウンター⇒放棄を仕掛けてくる。う~ん、完全に遊ばれた感じ。まだ規模が違いすぎますね。

そのままV3をブレイクして敵が来るのを待つ。
っとそこにGAが襲来それなりの防衛はしてたつもりですが、やはり質の違いか、簡単に突破されました。崩されたというより突破されたって感じ。WIZ陣を壊滅させるとエンペも割らず残った前衛と戦闘を楽しんでる感じ・・・ナメられてるzzz

その後V1へ移動。こちらは少人数で防衛しているところを確保。
ですが時間の都合上螺旋さんで割る。防衛を第3MAPへ移動して敵の襲来を待ちますが、敵がこず、放棄転進。

でBレベルの戦闘を体験しようという話から展開して勢いで決まったB2奇襲。B4前で支援を行いB2直ポタで移動。どうやらポタのタイミングが早すぎたらしい;;
ERへ向かう途中にEMCの発動を確認。ER前のガイルを壊していざ突入するも、すでにラインは完璧にしかれていました。素直に蒸発して戻る。あの展開の速さと統率の取れたところは流石といったところでしょうか。

そしてラスト確保に向かいます。偵察の結果はL5の方がラクに確保できそうでしたが、前々回の借りを返すべく、L3の名無しさんへ。雪さん、指示に従わなくてゴメンネ(;´ω`)

うちらが行った時の攻め手はWOG・かぼちゃMR・RayForce。何度か一緒に突入しているうちに、それぞれ確保に向かったのか、ラスト20分のところで攻め手はサング単体。ガチですよ!タイマンですよ!これで燃えずにいつ燃えるんですか!!!

こちらの攻めの手段としてかつての名無しの代名詞、無詠唱SGを決めにかかる。相手もWPにQMを張り、無詠唱阻止をはかってくる。L3の構造上、魔法弾幕がそこまできつくないので、前衛がWIZ陣で暴れるのだが、要職への的確な阿修羅やEDPグリムなどまさに文字通り見えないところで嫌な仕事をしてきて、なかなか崩せない。しかも相手はEMCもちなので、WIZを削ってもEMCでラインを戻されてしまう。

拮抗した状況が15分ほど続き、時間的にもラストの突入!無詠唱がきたところで前衛一斉突入。無詠唱が決まったのかな?すいません、必死でわからなかったのですが、ラインが崩れてきている。自分もWIZ陣にMAで暴れる。後続が続々と来るのを確認したところで阿修羅をもらう。暴れすぎた・・・不覚_| ̄|○
ベースで時計を見ると58分。例えラインがもどされてたとしても後衛を突入させない理由はない。ERの様子と後衛の突入を伝えERへ猛ダッシュ。うちがL3のERに戻るころにはエンペ回りの攻防に移っていた模様。激しいラグの中エンペ目指して走っていると、エンペが見えたところでベースへと戻される。正直ローディング画面見ているときはニヤニヤしていたzzz
が、ベースに戻るとAoSや螺旋もベースへと戻ってきている。
どういうことだ大佐ぁぁぁぁぁぁぁ!!!

砦[Luina Guild3]を[Anthem]ギルドが占領しました

( ´_ゝ`)・・・・
どうやら単騎LKが紛れ込んでいたようです・・・・若禿げの人かな?
もうね、残り7秒で崩したラインを他人に持っていかれるとかね、セーブもしてないのにおかんにファミコンの電源ブチッと切られた気分ですよ。('A`)
まわりのプレイヤーもAnthemの外征が名無し崩したと思うんだろうなぁ・・・ライン崩したのはAS螺旋だ!ヽ(`Д´)ノなんて言いたくなる心が狭い私(*’’*)

負け惜しみを言わせてもらえば、結果より内容を重視するAS螺旋において、名無しの防衛を崩して、エンペブレイクまで持っていけたことは大きな収穫であり、今後の自信につながるでしょう。
個人的には顔真っ赤にして叫びたいですけどね(;´_ゝ`)クールダウンクールダウン
次週へのいい燃料になったかな。毎度毎度燃料には事欠かないぜ・・・
[PR]
by stein007 | 2006-03-06 00:23 | RO
<< RO BGM その6 メイドプレイ >>