@10日
引越しまで@10日。
片付けが進んで、部屋がだんだん殺風景になってきました。
うちの部屋、こんなに広かったんだなぁw



卒業関係の書類の申請のために、今日最後の学校に行ってきました。
通いなれた道、見慣れた建物、変わらない風景。
なにもかもが学生最後だと思うとなんだか急にいとおしく思えるから不思議だ。
この春休みの時期、大学に人もまばらでなんか余計に感傷的な気分になってくる。

せっかくなんで大学をグルっと一周してきた。とはいっても田舎にあるキャンパスだから異様に広い。自分が通った学部と図書館、サークル棟なんかを覗いてみる。

昔うちらがたまっていた図書館の一室はいまでは完全な自習室となり、笑い声どころか話し声すら聞こえない。館内の禁煙もきびしくなってるなぁ・・・そういや助手特権で図書館最上階の穴場スポットで本読みふけってたのもいい思い出だ・・・

雑然としていたサークル棟はどこかこざっぱりとしている。もうすぐ新歓で汚いところみせられないのかなw でも相変わらず麻雀卓は広げられたままだ・・・

うーん見かける顔も大分様変わり。そりゃそうか、うちがもう卒業するくらいだもんな。
思えば早くて短い四年間だったなぁ。それなりに後悔しないよう思いっきり大学生活してたはずだけど、でもやっぱりやり足りないことがあるらしい・・・

ん~正確にはやり足りないことがあるというよりも、大学生という独特のモラトリアムにまだまだ浸っていたいだけの甘えなのかもしれない。

そういや大学生は人生の夏休み。なんて例えてる人もいたっけか。確かにそうだな。勉学に励むもヨシ、遊ぶもヨシ、バイトに勤しむもヨシ。なんでも出来る夏休み。そんな感じの4年間だったな。

さて、これからは気持ち入れ替えていっぱしの社会人にならんとね。
まだまだ半人前だけど、まずは心構えをしっかりしないとね。

なんかいつもの自分とは違うなw たまにはこうやって哲学めいたことを考えるもの悪くない。
昨日ギルメンと悩みについて語り合ってたとき「シュタさんは悩みがないんじゃなくて悩むことをあきらめてる感じ」といわれてハッとしたんですよ。

うん確かに悩むことはよくないこと、非生産的なことと決め付けて、悩むことをしようとしないことで悩むことから逃れてきて今の自分が在ると思う。その生き方も決して間違いじゃないと信じてますが人生日々勉強、自己研鑽のためには色々悩むことも後の糧となるのではないだろうかとちょっと柄にもなく考え込んでみたり。


っとそうこうしてるうちに日が傾いてきた。さて、今日一番の大学にきた理由。
そう、それは

 厄 介 な ゴ ミ を 捨 て る こ と 

うん、ほらアパートだと分別とかうるさいし見られたくないゴミとかもあるでしょ?
厄介なゴミの内容についてはご想像におまかせしますzzz
大学だとゴミ箱にほうって置けば分別してなかろうがどうであろうが処理してくれるからラクチンです♪流石私立大学。環境のためなら金に糸目はつけねぇぜっ
[PR]
by stein007 | 2006-03-20 18:04 | 日常
<< 亀爽快日記 3/19 GvG >>