北海道ツーリング2010
9/26~10/1の日程で北海道へ行ってまいりました。
去年は走りに主眼を置いたツーリングでしたが、今回は食をテーマに行ってまいりました。



【初日】
今年はMyバイクで回ろうと計画したため、飛行機ではなくフェリーで北海道へ。
家を出発する際、、既に雨が降っていて大洗につく頃にはびしょ濡れの濡れ濡れになっているという状況・・・ヨンボリ
f0048949_2219415.jpg

一路苫小牧まで行ってまいります!

フェリー内は先日までの台風の影響で波のうねりが激しく、ゆれが半端ない。
経験上、フェリーなんてほとんど揺れない乗り物だと思っていたけど、ものの見事に船酔いに・・・ゲッソリ
f0048949_2221257.jpg

写真じゃ荒れ具合がイマイチわからないかな・・・?

でも最近のフェリーには大浴場にサウナが付いていて、船酔いで弱った体を無理矢理サウナでシャッキリ!
こういうのは気持ちの問題だよね!!気合だ気合。
大洗25:45発、苫小牧19:45着のフェリーだったのですが、到着間際、船酔いの疲れを吹き飛ばすような綺麗な夕陽に出会えました。

f0048949_22242320.jpg

f0048949_22244370.jpg

f0048949_22245460.jpg


苫小牧付く頃には船酔いもほぼ直って、途端にお腹が減ってくる始末。
とりあえず宿にチェックインして、受付の方にオススメの居酒屋を紹介してもらいました。
やっぱ旅の疲れにはおいしい酒と料理だよね!w

で、さっそく・・・
f0048949_22263387.jpg

刺し盛りどーん!
f0048949_22264915.jpg

牛タンどーん!
f0048949_2227147.jpg

鮭ハラスどーん!

うっひゃっひゃっひゃww
なんか牛タンが異様に旨かった!鮭も今が旬ということで脂がのってて旨かったよ~~~
いやはやビールが進みますなw



【2日目】
スタート時のメーター
f0048949_22292487.jpg


この日は、全道的に雨との天気予報。
出発時はまだ雨は落ちてきていなかったので降らないうちに距離を稼ぎたい!
でも、食べたい食事には負けますよね~w

ってことで地元の市場へ直行。
市場の食堂で朝ごはん
f0048949_22314430.jpg

苫小牧はホッキ貝でも有名な港。
今回はホッキ丼を注文。
f0048949_22305797.jpg

ホントねー、変な臭みが無くって、サクサクッとしていて、むしろ酢飯の甘みを引き立てるようなそんなスッキリした味わい。朝からどんぶりなんて・・・って感じだけどペロリと頂いてしまいました。
うーん、味噌汁も心なしか美味しい!w

2日目のルートとしては苫小牧から日高、三国峠を経て北見へと向かいます。
距離はさほど無いですが、2つの峠超えがあるので天気が心配・・・。
f0048949_041613.jpg

せっかくの気持ちのいい直線道路もどんより曇り空。
実にもったいないですがまずは一つ目の峠、日勝峠へ!!
っと気合を入れてふもとに着いたところで雨が降り始める。思ったより早い降り始め・・・
文句を言っても仕方ないので雨装備を整えて峠越え!
f0048949_042585.jpg

ふもとから見上げた峠は雨が降っている上はバッチリ雲の中ですよ・・・
コンディションとしてはかなり悪いですね・・・w
安全運転安全運転。
まぁほんと運転に集中してたせいで、この辺なにがあったかあんまり覚えてないんだよね・・・
地元のトラックの後ろを健気に追走してたような気がする・・・。はっはっは・・・w

そして、苦難の後には至福あり!
無事、1つ目の峠を越えたところにあるドライブインでお目当ての昼食にありつきます。
f0048949_22524385.jpg

十勝の牛トロ丼!
ルイベ状の生の牛ひき肉をわさび醤油で頂きます。
味はというと、濃厚なネギトロ丼とでも言いましょうか。
マグロなどの魚とは違って肉の味と脂が濃厚なコクを演出してる感じです。
大トロとか好きな人は絶対ハマル味。いやーこれまた美味でした。

さて、至福の後には苦難あり!
十勝平野を抜けて、2つ目峠、三国峠へと向かいます。
f0048949_22473434.jpg

本来であれば十勝平野が一望できるという展望台、さすがの雨で何も見えず・・・
うーん、十勝地方に来ると毎度雨に降られるんだよなぁ;; 嫌われてるのかしら・・・(´・ω・`)
それでも三国峠では毎回晴れてるからきっと今回も雨上がるよ!!!

なんてプラス思考も意味をなさず・・・
f0048949_043932.jpg

うわー・・・霧で先が見えんとですよーマジ上りたくねぇー・・・・・・・・
それに雨装備とはいえ既に降り出してから3時間ぐらい走ってるので、じんわり濡れて来てさむいしよー・・・
ここまでくるともう逆にナチュラルハイで意地でも走ってやるって感じです。

去年は綺麗な景色が見えた三国峠も今年は何も見えず。
f0048949_22574375.jpg

峠の上ということで標高が高くて気温も低いので早々に退散。

この後、宿のある北見に向けてひた走り、途中冷えた体を温めるべく、肌がツルツルになるというその名もツルツル温泉に寄ったのですが、うん、流石に疲れていたせいか写真はナッシング!!
でも温泉はホント生き返るような心地でした。肌もツルッツルになったよ!女性にオススメw

そして宿に着いたらやることは一つ!!
町に繰り出して飲む!!(*`ω´)=3
今日は事前に調べたお目当ての地ビール屋、オホーツクビアファクトリーへ。

ここでは、北見地方で最近有名な北見やきそばと、サロマ湖で取れたホタテを頂くことに。
もちろんビールは、店併設の工場で作っているという全5種類のビールを頂きます。

 ・北見塩やきそば
f0048949_2334989.jpg

 ホタテがどんとのって、鉄板にこげる塩ダレの香りが食欲をそそる一品。
 最後にお好みでフライドオニオンをトッピングするんですが、これがまたいいアクセントになって旨いんですよw
 たっぷりかけることをオススメします。

 ・ほたて+α
f0048949_2352293.jpg

 あーもうっ!ホタテとバターだけでなんでこんな幸せな気分になれるんだろう・・・
 最高の相性だよね。ちょっとしょうゆたらしたりしてさ。
 もう雨の中数百キロ走ってきた疲れなんて吹き飛ぶよねw

 ・地ビール1、ピルスナータイプ
f0048949_237913.jpg

 いわゆる日本で普通に飲まれてるビール。もちろん美味しい。

 ・地ビール2、エールタイプ
f0048949_2381626.jpg

 こちらはイギリスで一般的に飲まれてるタイプ。
 ピルスナーよりコクとキレがある感じ。人によっては苦いと感じてしまうかも。
 香りは果物のような芳醇な香りです。

 ・地ビール3、エールタイプ(濾過前)
f0048949_2311189.jpg

 上のエールタイプの濾過する前のビール。工場直営のお店だからこそ飲めるんだそうで、今回一番の楽しみ。
 思わず写真を撮るの忘れて一口飲んじゃいましたw
 上のエールタイプに比べてコクやキレが弱い感じですが、その分香りや味そのものが濃い感じ。
 悪く言ってしまえば濾過前ってことで雑味が残ってる感じですね。
 自分は濾過後の方が好きだなぁー

 ・地ビール4、ヴァイツェンタイプ
f0048949_2314239.jpg

 すっきり透明な凛とした雰囲気。
 でも飲んだ感じは、味は見た目どおりすっきりとしているんですが香りがものすごくいい!
 これがビールなの!?ってくらい。果物、そうメロンのように甘いいい香りがするの!
 いあ、これいい! ビール苦手な人にオススメ。

 ・地ビール5、スタウトタイプ
 はい、気持ちよく酔いが回って写真撮り忘れました!! ・・・反省。
 こちらはいわゆる黒ビール。ギネスビールを想像してもらえればわかりやすいかな。
 濃厚な味とコク。単品で飲んでも美味しいよね。


こんな感じで北見の夜は更けていくのでした。
そうそう、北見の宿のご主人には色々良くしてもらって大変ありがたかったです。
(雨で汚れたバイクを洗うバケツとスポンジ貸してくれたり、雨具干させてもらったり)
ありがとうございました。


【3日目】
スタート時のメーター
f0048949_23231859.jpg

昨日の雨の中の走行距離約380km(そんなに走ってたのか・・・)

台風一過のような真っ青な快晴!!!
f0048949_05877.jpg

やっぱツーリングはこうでないと!!!
f0048949_05196.jpg

はっはー!カラス君おはよう!!
f0048949_052742.jpg

バックミラーに映る景色もも真っ青です。
f0048949_053534.jpg

これぞ北海道~

今日のルートは北見~網走~知床~根室~釧路というとにかく走る行程。
まずは網走まで行って、もちろん網走といえば監獄で有名なので博物館見学へ。
f0048949_23271678.jpg

長年のショタでロリな悪行がたたってつかまっちまったぜ・・・
看守さん、ちゃんと更生するのでよろしくお願いいたします。

なんて思ってたけど、なんかガイドのお姉さんめっちゃ可愛いんですけど!!
f0048949_2329750.jpg

檻の中からハァハァさせていただきますね(*´Д`)ハァハァ

博物館の中には蝋人形で当時の様子を再現したところが随所にあるんですが、
タコ部屋を復元したものはまるで死体安置所のようですよ(,,゚Д゚)
f0048949_2331448.jpg


さて、博物館をひとしきりみたあとは、一路世界遺産知床へ。
f0048949_055291.jpg

奥に見える山が知床。オホーツク海が綺麗だー!

知床道中、轡も何もしていない馬達に遭遇。
f0048949_05591.jpg

無造作にニンジンが撒かれてるけど、いやこれ、どうなの・・・?w やりすぎちゃうの??w
f0048949_06668.jpg

この子が一番ぽかーんとしてて可愛かったです。
f0048949_061992.jpg


その後オホーツクの海岸線をひた走る!
f0048949_063047.jpg

風が強いけど気持ちいいーーー

さて、知床地方へついて、いざ知床横断道路へ!ってところで野生のエゾ鹿に遭遇。
普通に道端にいるんだね!すごい・・・!
f0048949_063833.jpg

よく山道とかで野生動物の飛び出し注意の看板とかあるけど、ここの鹿はホントに
道路を横断してました・・・。こわいな、おいw

そんな知床の道はこんな感じ。
f0048949_064786.jpg

こういうところをひた走れるのが北海道のいいところです。
ほんと走っていて気持ちがいい。

知床横断道路途中には知床峠があります。
f0048949_065776.jpg

こんなところにもバスが通ってるんだね~
そして、海の向こうに見えるのは国後島などの北方領土。
f0048949_07839.jpg

こんなに近くにあるんだねぇ・・・
この辺だとずいぶん北方領土問題に関する看板がいっぱいありました。


今日のお昼はご当地バーガー
・鹿肉バーガー
f0048949_23354366.jpg

臭みを消すためなのかな?香辛料が効いてて旨いよ!鹿肉っぽさはまったく感じないけどw

・鮭クリームバーガー
f0048949_23362924.jpg

画像ではわかりにくいけど、鮭のフライにホワイトソースが乗ってます。
そりゃぁまずいわけがない!w


この後は、北海道最東の岬、のしゃっぷ岬へ。
道中はオホーツク海沿線をずーっと走る道。交通量も少なくずーーっと時速80~100kmで走れそうな感じ。
裏を返すととにかく何もない自然の中をひた走る感じw  なので特に写真とかはないのです。。。
知床からのしゃっぷ岬までは思った以上に距離があって、根室市街を通って岬に到着した頃には既に夕方。
僻地とはいえ観光地なのに誰もいない!
f0048949_071916.jpg

( ゚∀゚)彡 のしゃっぷ!のしゃっぷ!
日差しが弱まり風が強くて割と寒かったです。

そんなのしゃっぷ岬から根室市街への帰り道、この度一番の絶景に出会いました。
右を見ればオホーツク、左を見ればススキの草原。前を見れば地平線へ夕陽が沈む。
ススキの穂がが夕陽に照らされてオレンジ色に透き通っていて、それはもう幻想的な風景でした。
f0048949_073752.jpg

f0048949_07449.jpg

f0048949_075675.jpg

f0048949_08338.jpg

f0048949_081125.jpg

雰囲気が伝わればよいのですが・・・
少しでもこの感動を残せればと夢中でデジカメで撮りましたが今回持っていったコンパクトカメラだと
あの感動的な美しさは撮れなかったようでちょっと残念。
今度は荷物になってもちゃんと一眼レフ持っていこう。


あ、あと鉄道ファンとして、僻地根室の駅をパシリ。
f0048949_0114439.jpg

稚内駅と同じく意外と小さくて普通・・・。

一方釧路は・・・
f0048949_0121570.jpg

ピンボケてるけど都会!!
駅ビルだよ駅ビル!釧路で946!!

そんな釧路の夜はバイク仲間で有名な鳥ザンギ発祥のお店へ。
すごいアットホームなお店で、写真を撮るの忘れてお店のおじさんと話してました。
最近都内の居酒屋でもザンギって聞くようになったんで、
「ザンギのから揚げってなにが違うんですか?」って聞いたらおじさん、「何も変わらないよ、ザンギもから揚げも同じさ」
だってさ。
ナ、ナンダッテー!!
途中、7年ぶりに来たよーなんていうお客さんもいたりして、楽しかったなー

地元漁師の常連さんが差し入れてくれたというサンマを食べさせてもらったり、お土産をもらったり、いたせりつくせりでした。
お腹一杯食べて飲んだのに、お土産もらったら帰りにビール買って買えらなきゃいけないじゃないか・・・w

こちらがザンギ
f0048949_0175995.jpg

まぁから揚げが味つきなのに対して、ザンギはソースをかけて(つけて)食べるのが違いでしょうか。
f0048949_0185283.jpg

美味しいんだけど、流石にお腹一杯www
買ってきたビールだけ飲んで残りは帰りのフェリーで美味しく頂きました。


【4日目】
スタート時のメーター
f0048949_0204931.jpg

昨日の走行距離494km。去年一日600km走った時にやりすぎたと思ったけど、500kmでも結構きついなー
観光すること考えたら自分一人だったら一日400kmくらいが丁度いいみたい。

この日の予定は、夕方のフェリーで帰宅予定だったので、釧路から襟裳岬を通って苫小牧へ。
風も無く穏やかで暖かな日でした。
うん、走るのがホント気持ちよくて釧路から襟裳岬まで、ただただ走ってて写真ないやw

なので襟裳どーん!
f0048949_0242794.jpg

大学のとき、初めて北海道ツーリング来た時、襟裳岬に行ったのですがそのとき生憎の曇り空で
「えりも岬って寂れててつまんないとこだなー」なんて思ってたけど、違った!!
天気って大事!
f0048949_02544100.jpg

こんなに綺麗な景色が広がってるんだもん!!
ひーはー!!!!

近くの食堂でお昼を食べようと入ったのですが、食堂からの景色もこれまたすごいw
f0048949_026435.jpg

オホーツクも綺麗だったけど太平洋も綺麗だーーー!

注文したお昼はいくら丼+α。
ホントはウニいくら丼を食べたかったんだけど、ココ数日の悪天候で漁が出来ずに入荷してないんだとか。
変わりにホタテとつぶ貝入れてもらっていくらを増量してもらいました。
f0048949_0285249.jpg

ふへへwwwこれはこれでうめぇっすwwww


昼食後、あとは苫小牧へ帰るだけ。
帰りの道は、また海沿いをずーっと走る道。
f0048949_0294642.jpg

まるで海へ飛び込んでいくような、そんな道。

日高地方の昆布漁をしてる真っ最中で、道中は昆布の磯臭さが漂ってました。
でもこの襟裳から苫小牧へ向けて走る国道336号線は海の真横を通っていて、今までの海岸沿いのどの道より目線が海に近いので絶景です。
ちょっと思いつきで動画を撮ってみたけど・・・うーん、手持ちのデジカメについてる録画機能だと画質が悪くて
海の美しさが伝わらないね・・・(;´ω`)

そんなこんなで苫小牧到着。
f0048949_04154.jpg

北海道での総走行距離は約1000km
大洗と品川との往復を含めると約1400kmのツーリングとなりました。
食がテーマの割によく走ったなw

まぁ書きたいこと載せたいこと色々書きまして、こんな感じで色々あった北海道。
また来年もいける機会があればぜひ行きたいな。
[PR]
by stein007 | 2010-10-02 22:28 | 日常
久々にGv 2010/07/04 >>