食べるもの
先日紹介した本を読んで思ったこと。



先日紹介した本は、食べ物についていろいろとかかれたもので、一冊読み終わったとき、ホントほんのり幸せになれる内容でした。
美味しいものを美味しく、楽しく、誰かと食べることって大事ですね。

で、なんとなく思ったのは、自分は今までどんなものを食べて育ってきたのだろうということ。
大きく分けて親が作ってくれた食事と、一人暮らしを始めて自由奔放に食べてた時代と対分されるんだろうけど、親の作ってくれた食事って、今思えばやっぱりおいしかったし、栄養とか色々かんがえられてたのかなって。
うーん。うちの親は料理上手だったのかも?
おふくろの味を思うオヤジさんたちの気持ちがなんとなくわかってきました。
まぁ自分が作る料理も美味しいけどねっ!!!
[PR]
by stein007 | 2006-11-20 21:42 | 酒・肴
<< 琥珀色の幸せ 11/19 GvG >>