美酒

f0048949_21533038.jpg
チョット早いけど今年一年おつかれさま!



ずっと前から飲みたかったんです。山崎12年。

f0048949_21544162.jpg

もうこの琥珀色にキュンキュンなんです。
f0048949_21545683.jpg

このサイズで2000円近くするんですが、今日は一年で最後の日だからもうつべこべ言わずにに行っちゃえ!

てなわけで封を切る。
栓を開けた瞬間、まさに澄み渡るという表現が正しいのだろう。胸の中を駆け巡る香り。
もうそれだけでふあ~っと酔っていけそう。体の力が抜けちゃいます。

ストレートで飲んだほうが味と香りがわかるのだろうが、今日は好きなロックでいただこう。
お供はチーズで。

とくとくとく、と注ぐ音すらいとおしい・・・
グラスを染める琥珀色が蛍光灯に反射してやわらかい光を放つ。

口に近づけると香る麦と木の匂い。
これが12年が醸す酒なのか。
一口、また一口とグラスを傾けると、そこには日々の疲れとは切り離された、でも確かに日常の一部で晩酌を楽しむ自分がいるのだ。至福なり。

こんなサイズなら一晩で飲んでしまいそうなのだけれども、それじゃぁなんとももったいない。
こいつはちびちびと楽しむことにしよう。
そして明日は仕事納め。なんと会社で、しかも業務中に自分の席で酒が飲めるのだー!
ま、その後仕事残ってるだろうから量は飲めないけどね(;´_ゝ`)
[PR]
by stein007 | 2006-12-27 22:02 | 酒・肴
<< 大晦日 メリークリスマス >>