シュタインキッチン
リクエストにあがった角煮をば。
f0048949_1772872.jpg




目指すのは砂糖不使用で、夏らしくちょっぴりしょうがを効かせた角煮。


f0048949_1782265.jpg

今日の食材。

豚バラ肉塊 500gくらい
ねぎ     2本
だいこん  1/2本
しょうが   2片

f0048949_1791445.jpg

しょうがは2片とも薄切りにしておきます。
f0048949_1793723.jpg

お肉は、煮込んでいくうちに小さくなるので、大きめにきっておくのがポイント。
左側のお肉(拳大くらい)でOK。右側のだとちいさすぎです。

f0048949_17104320.jpg

まずはお肉を煮崩れ防止のため表面をカリっと焼いておきます。
ここでは表面に火が通る程度で。

f0048949_17115170.jpg

表面を焼いたら、水10:酒1 くらいの割合でした茹で。
一緒に薄切りにしたしょうが1片分と、ねぎの青い部分をいっしょにゆでます。
大体30分程度。最初はアクがでるので、こまめにとっておきましょう。

ゆであがったら一度お湯をすて、肉の水気もふき取っておきます。
f0048949_17151678.jpg

その間に一緒に煮込む他の食材の準備。
ねぎ・だいこん・ゆでたまご


準備ができたら、いよいよ煮込んでいきます。
角煮だったら、
 
 水1 : しょうゆ1 : 酒1 : みりん1

これを素に、好みの味に割合を変えていきます。
今日は、

 水1 : しょうゆ1 : だし1  : 酒:1 : みりん0.5

こんな感じ。
そして、みりんを抑えた代わりにハチミツを入れます。
甘すぎずコクがでて良い感じです。

まずはした茹でした豚肉と大根、そしてしょうがをいれ、ねぎとたまごはあとで入れます。
煮込んでいくつゆは、飲めるくらい薄味のほうが失敗がないです。
味が薄かったらあとで、汁を煮詰めてタレとしてかけたりできますが、濃く味付けしすぎたものを薄めるのは大変なので・・・。
あとは見た目上、できれば薄口しょうゆを使うと良いですね。


あとは3時間ほどコトコト弱火で煮ていきます。
1時間おきくらいに様子をみて、味を見ましょう。

f0048949_1721435.jpg

こんな感じ。
濃口しょうゆをつかったので色が濃いですねw


煮汁がとろっとしてきたら火を止めて、ねぎとたまごを投入。
あとは1時間ほど余熱で火を通せば完成。


f0048949_1723079.jpg


これでうまくないはずがない・・・(*´Д`*)
色はちょっと濃いですが、だしとはちみつを使っている分さっぱりと仕上がってますよ。
一緒に煮込んだしょうがも味がしみて、箸休めとしてちょうど良いです。

なんともごはんがすすむ一品。
[PR]
by stein007 | 2008-06-22 17:24 | 酒・肴
<< 6/22 GvG 6/15 GvG >>